お知らせとニュース

40年という年月。

2016.07.04

先月で40歳になりました。
1976年(昭和51年)に生まれてから40年が経過しました。
「40周年」とか「40th anniversary」などの文字がすぐに目に入ります。

1976年生まれの方々を紹介します。
・POPEYE(ポパイ)・・・マガジン・フォー・シティボーイ。取材の質量ともにすごすぎる。海外のシティボーイはポパイを見て東京を旅するそうです。
・BEAMS(ビームス)・・・かっこよすぎるセレクトショップ。学生時代にはビームスでシャツや時計を買うためにバイトしたものです。
・東急ハンズ・・・都会のど真ん中にあるホームセンター。目的なく来店すると、ただただ疲れるので注意。
・徹子の部屋・・・トットチャンネル。愛のあるトーク番組。安心感を求めるときに視聴します。
・プロ野球ニュース・・・受験の時期でもこの番組だけはかかさずチェックしていました。おそらく中井アナ時代がピークでしょう。
・こち亀・・・伝説の超ロングセラーマンガ。個人的には、ジャンプ黄金時代にはほぼスルーしていました。
・井川遙(いかわはるか)・・・女優。なんと生年月日がどんぴしゃ僕と同じ。

学生時代を共に過ごしてきた同級生たちにはもちろん、40歳になってから出会った40歳の方々にも執拗に仲間意識を持ってしまいます。
小学校の同級生(約60名)とは20歳、30歳の区切りの年に集まりました。40歳の今年も集まれたらなあと思います。

暮しの手帖43号(1976年夏発刊)は、修業時代に知り合った同じ歳のアキコさんからもらいました。
8ミリ映写機の比較テストの特集がすごいです。

P7190305 P7190307 P7190306